薫香 [沈香]

大麻の茎(麻幹)を粉末状にしたものでどこか懐かしい香りの煙がたちこめます。
日本古来の大麻茎と精神の鎮静作用があるとされる沈香。
部屋の掃除のあとに燻すと空間を綺麗にします。
ナチュラルな麻幹と沈香の煙での浄化を感じてみてください。

沈香とは沈水香木が風雨や病気・害虫などから自分の木部を侵されたとき、
その防御策としてダメージ部の内部に樹脂を分泌・蓄積したものを乾燥させ、木部を削り取ったものです。
幹、花、葉ともに無香であるが、熱することで独特の芳香を放ち、同じ木から採取したものであっても微妙に香りが違います。
仏教をはじめとする宗教儀式に用いられ、祈りや儀式の前に、沈香の念珠や塗香、焚き上げで心身や法衣を清めます。
沈香の効能として、鎮静効果が非常に高く、香りを嗅ぐことでアルファー波が増す事が科学的に認められ、エンドル
フィンも分泌されることがわかってきています。
また沈香に含まれる植物ステロールは母親の吐息や脇の下から漂うホルモンと生化学的に驚くほど酷似しており、
「母親の懐に抱かれた記憶の香り」が安心を呼びます。
漢方医学で沈香は気のめぐりの改善、気を落ちつかせ、体温を調節、喘息、嘔吐、腹痛、腰や膝の冷えなどに用い、
強壮・鎮静・疲労回復などの効果のある生薬でもあり、奇応丸や中国の銘酒高級な紹興酒(老酒)にも配合されています。

ー使い方ー
燻香を皿にのせる
火をつけて燻す
麻と沈香の薫りをお楽しみください

成分:大麻茎・沈香
箱:桐
内容量:16g
  • 2,860円(税260円)