薫香 [琥珀]

大麻の茎(麻幹)を粉末状にしたものでどこか懐かしい香りの煙がたちこめます。
日本古来の大麻茎と治癒力を高める効果があるとされる琥珀。
部屋の掃除のあとに燻すと空間を綺麗にします。
ナチュラルな麻幹と琥珀の煙での浄化を感じてみてください。

約三千年前の松柏類の樹脂が化石化し、黄金に輝く有機質宝石となったアンバー。
しっとりとしたうるおいと粘りのある感触は、
有機質宝石の「生物的」エネルギーの特徴的なものです。
アンバーは熱すると独特の香りがすることから香料や虫除けの材料や塗料としても活用されてきました。
仏教の七宝であるアンバーは、日本人にとって特別なもので、珍重されてきました。
古墳からはアンバーを使った勾玉や副葬品が発見されています。
風水では、健康にも効果がある万能のパワーストーンでもあり、
アレルギー体質を改善し、免疫力や弱った体を丈夫にするともいわれています。
かぜや喘息のときに首の周りにつけると呼吸が楽になります。
また古くから長寿を得られる健康の護符として使われ、安産を促すお守りとしても活用されています。
アンバーの香りの中で、おなかを意識し瞑想することで、目標達成の原動力や健康体に働きかけます。

ー使い方ー
燻香を皿にのせる
火をつけて燻す
麻と琥珀の薫りをお楽しみください

成分:大麻茎・琥珀
箱:桐
内容量:16g
  • 2,860円(税260円)